地球に自然にあるもので幸せに生きる方法模索中


by teabel

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
つぶやき
自然と健康
人間って
日常
旅行
語学
文化
未分類

以前の記事

2016年 09月
2016年 01月
2014年 01月
2012年 11月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 08月

フォロー中のブログ

カッラーラ日記 大理石の...
Slow Life in...
私がローマで独りで始めたわけ 
オオニシ恭子のヨーロッパ...
オオニシ恭子の薬膳日記

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

やっぱり薬草って楽しい
at 2016-09-18 20:39
ハーブの旅
at 2016-01-01 20:14
新しい年
at 2014-01-01 16:04
大根
at 2012-11-25 02:33
ロシアの宇宙船
at 2012-07-01 18:50

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

美容・健康
くらしの知恵

画像一覧

日本のエネルギー

わからないのは、

本当のこと

もしかしたら、実は誰もわかっていないのかもしれない。

毎日のように日本の原発のニュースが流れる

日本国内でのニュースと、外国で流れるニュースの熱の差は大きい。

想定外の事故という意見が多いなか、
広瀬氏は十分予想できたこと
とおっしゃる。

福島の原発は米国のGEの設計で、
広瀬氏曰く、欠陥品(らしい)

放射能は微量でも健康に害があり、
若い人ほど、体内に取り入れやすく体内濃縮していく
いますぐ目に見える被害はないかもしれないけど
数年後には見える影響が出始める

今、原発からのゴミは六ヶ所村に集められ、
かなりの量がプールされている。
地震、津波地域
ここが福島のようなダメージを受けると
影響は日本どころではなく、世界。

恐怖を煽るのはよくないけど、
私たちは、もっと知るべきなんだと思う。

でも、危機感を持ちつづけるのは難しい
今回の津波で壊滅的な打撃を受けた街
津波警報には3タイプあって、
1m以下が津波注意報
1~2mが津波警報
3m以上が大津波警報(高いところで)
それ以上がない。。。

3mほどの津波はよくあるらしく、
住民の方々は3mほどなら、ここまでこないだろう
という慣れがあったらしい。
実際に来た津波は15m
3m以上という言葉に嘘はないけど、
3m以上と15mでは人の反応はなったく違っただろう

過去にも、大きな津波があって、
その頃の被災者は高台に住み移ったけど、
時代とともに危機感は薄れ、忘れられ、海際にまた家が建つ。
せまい日本、海際は津波、山際は土砂崩れ。。。
そう思えば、しかたがないのだろうか。

資源がないから、輸入に頼らざるを得ない日本
輸入に頼らないために、自国でまかなえる資源として
原発に力を入れているのだろうか。

広瀬氏は、原発をなくしても、火力で日本の電力は十分まかなえるという。
2008年で70%の電力が火力によるもの
天然ガスや石油は輸入に頼らざるを得ない
しかも、化石資源が尽きる日はそう遠くないとも言われる。

それにしても、原子力には課題が山積みで、
放射性廃棄物の問題をクリアせずに一方的に増やすとは素人目に見ても無責任だし
なぜ、もっとこの問題に取り組まないのか、もし取り組んでいるとすれば
その話題が表にでないのか。

あまりにもシステム化されていて思考停止状態に陥っているのでなければいいけど。。。


後記)
原発に使われるウランも輸入でした
原住民が住むところで採掘されるウラン
先住民はパンドラの箱みたいにウランは解き放いてはいけないと知っていた。
毒も何らかの意味があるはず。
正しい取扱いをしなければ、毒だけど。
by teabel | 2011-03-22 03:48