地球に自然にあるもので幸せに生きる方法模索中


by teabel

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
つぶやき
自然と健康
人間って
日常
旅行
語学
文化
未分類

以前の記事

2016年 09月
2016年 01月
2014年 01月
2012年 11月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 08月

フォロー中のブログ

カッラーラ日記 大理石の...
Slow Life in...
私がローマで独りで始めたわけ 
オオニシ恭子のヨーロッパ...
オオニシ恭子の薬膳日記

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

やっぱり薬草って楽しい
at 2016-09-18 20:39
ハーブの旅
at 2016-01-01 20:14
新しい年
at 2014-01-01 16:04
大根
at 2012-11-25 02:33
ロシアの宇宙船
at 2012-07-01 18:50

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

美容・健康
くらしの知恵

画像一覧

シナリオ

最悪シナリオ

今後を冷静に対応していくためにも、最悪シナリオを考慮することは大切
現場もしくは周辺で必死の対応に追われる方たちには、とんでもないことだろうし、
このまま収まってくれればと誰もが祈る
でも、事態は深刻さを増しているように思う

専門家の先生方も対極的に意見がわかれ
聞けば、すべて、そうか~と納得したような気分になる。

今回の最悪シナリオは
メルトダウンから水素爆発が起こり放射性物質が環境に放出される事態
それを避けるには冷却しつづけること
だが、すでに炉心がかなりのダメージを受けているかと思われる
(誰も原子炉をのぞけないので実際にどうなっているかは分からない)

水素爆発は起こらないとしても、
冷却作業を続けるうちに、放射性物質は環境に漏れつづけ汚染し
その汚染は長期的に続くだろう
そして、内部被爆の心配

政府も、東電も一生懸命だと思う
ただ、目先の課題が大きすぎて大変過ぎて、
冷静な分析における対処なんて余裕はないかもしれない
余談だが、
私の目からは、現官房長官さんは記者たちの難問に切れることなく
誠実かつ冷静に対応されていらっしゃるように見受けられる
過去の官房長官でここまでの対応できる人いたかしら?

ドイツでは、原発廃止デモが行われ
ヨーロッパ各国で、原発の安全性見直しが行われている
飯田氏は、ドイツでの太陽光からのエネルギー収集コストが
原発からのそれを下回ったとか?
(うろ覚え。。。)
リスクコストを踏まえると、原発は未来に多大のつけを回しているだけのように思える。

今の太陽熱・風力エネルギーの技術では、まだまだ足りないかもしれない
日本は地震国のアドバンテージともいえる地熱にもっと力を入れられないのだろうか
国立公園や、温泉街などがあって難しいとは聞いたけど、
それでもなお、やってみる価値はないのだろうか。。。

いろんな?が浮かんでは消える
by teabel | 2011-03-26 19:06